【平成大衆ラーメンを実食!】大衆ラーメン 鬼の種村@千葉市中央区【メニュー紹介】

平成大衆ラーメン豚骨醤油大盛り(810円)





店前の看板

こんにちは、てっぱです。

今回は千葉市中央区赤井町にあるラーメン店、大衆ラーメン 鬼の種村の紹介記事になります。

基本メニューと思われる平成大衆ラーメンを実食してきたので、よろしければ最後までご覧ください。

それでは、見ていきましょう。




店舗情報

店舗外観

アクセス

所在地:〒260-0804 千葉県千葉市中央区赤井町745−3

ラーメン神月 赤井町店の跡地に、2022年11月25日オープンしました。

赤井の交差点方面から来ると中央分離帯があるので、脇にセブンイレブンのある信号を右折するか、ブロンコビリーの先の路地に入ると良さそうです。

近くには中華料理 杉の子とんこつらーめん 一代があります。

鎌取駅からは徒歩25分ほどの距離です。

駐車場

駐車場

15台ほど駐められます。

営業時間・定休日

営業時間 11:00〜22:00(L.O. 21:30)

定休日 なし

通し営業なのがありがたいですね。




店の様子

平日の14:30頃に伺うと、まばらにお客さんは入っていました。

店舗内観

カウンターが6席テーブル席が6組分あり、30人ほどのキャパシティがあります。

テーブル席が多めだったので、グループでも来やすいのはありがたいですね。

メニュー

ラーメン系のメニューのみ紹介します。

メニュー

平成大衆ラーメン(豚骨醤油)

メニュー

平成大衆ラーメン(生姜味噌)

メニュー

煮干し中華そば

メニュー

辛マーボー麺

メニュー

地獄の辛マーボー麺




メニュー

野菜たっぷりタンメン

メニュー

ニラとニンニクのスタミナラーメン

メニュー

魚介ヘドロラーメンは品切れでした。

ドロドロで濃厚という意味でヘドロだと思われますが、イメージが悪いので個人的にはあまり普及して欲しくないかも(笑)

メニュー

豚骨魚介つけめん

これ以外にはご飯ものやおつまみメニューもあり、昼から飲んでいる方もいらっしゃいましたねw

当初の計画通り、平成大衆ラーメン豚骨醤油(690円)に決定です。

注文の画面

大盛りが+120円、特盛りが+200円、鬼盛りが+550円での対応です。

大盛り(120円)にしてみました。

注文の画面

脂多め、脂超多めは別料金だったので、脂普通で注文です。

5分ほどで到着しました。




実食

平成大衆ラーメン豚骨醤油大盛り(810円)

平成大衆ラーメン豚骨醤油大盛り(810円)

平成大衆ラーメンのトッピング

具材はもやし、ネギ、なると、メンマ2つ、チャーシュー1枚でした。

なるとが入っていると、ノスタルジックなイメージを誘いますねw

平成大衆ラーメンのスープ

スープを一口いただくと、なりたけのような甘さが若干感じられました。

豚骨が強めの豚骨醤油だったり、背脂の甘さよりも塩分が強めに感じられたりで、なりたけのしょうゆらーめんとは別物ですねw

入っていた背脂が固かったのはマイナスポイントでした。

平成大衆ラーメンの麺

麺は中細麺で、モチモチよりもサクサクとした食感です。

大盛りにしたため、なかなかのボリュームがありました。




まとめ

平成大衆ラーメンを完食

完食です。

お店が目指している70点のラーメンには、かなり近い印象を受けましたね。

例えるなら、わざわざ遠くから行くほどではないけども、近くに来たから寄るという感じでしょうか。

メニューの種類が豊富で、ボックス席も多めなので、覚えておいて損はないお店だと思います。

次回は野菜たっぷりタンメンをいただく予定です。

ブログ更新時につぶやいているので、ツイッターのフォローを是非お願いします!

ごちそうさまでした。


下に関連記事があるので、こちらもよろしければどうぞ。




ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ  



コメントを残す