【くじらフルコースの夕食が豪華すぎる宿】四季の宿 民宿じんざ@南房総市【旅館レビュー】

くじらフルコースの夕食





こんにちは、てっぱです。

今回は南房総市にある鯨料理で有名な四季の宿 民宿じんざの紹介記事になります。

くじらフルコースの朝食付きプランで宿泊しました。

旅館レビューは長くなってしまうので、このページでは夕食のみを紹介しています。

宿の様子や朝食は、こちらのページをご覧ください。

【朝食と宿の様子をまとめて紹介!】四季の宿 民宿じんざ@南房総市【旅館レビュー】

それでは、見ていきましょう。




メニュー

くじらフルコースのメニュー

くじらフルコースのメニューです。

くじらのお刺身を食べたことはなかったので、すでにテンションが上がってます(笑)

ドリンクメニュー

アルコールはビール、樽ハイ、日本酒、焼酎、ワインが揃っていました。

ソフトドリンクは少し割高なので、持ち込みをした方が良さそうです。

持ち込みは自由ですが、共用の小さい冷蔵庫が1台だけなので気をつけましょう。

追加のメニュー

くじら料理を単品で頼むこともできるようです。

くじらフルコースのプランであれば全部の料理が出てくるので、頼む必要は無いと思われます。

夕食は18時30分にお願いしました。

部屋食なので、周りに気を使うことなくのんびりといただきましょう。




夕食

くじらフルコース

写真に収まりきらないほどの品数ですw

コースの順番通り、くじら料理から紹介します。

畝須ベーコン、百尋の塩ゆで、くじらのたれ

畝須ベーコン、百尋の塩ゆで、くじらのたれ

畝須ベーコン

畝須(うねす)は、下あごから腹部にかけての部位です。

いわゆるくじらベーコンで、赤身と脂身の旨味を味わえます。

百尋の塩ゆで

百尋(ひゃくひろ)は小腸部分で、福岡や長崎でよく食べられている食材なのだとか。

初めていただきましたが、豚の白モツのような特有の風味があり、好き嫌いが分かれるかもしれません。

くじらのたれ

赤身肉をタレに漬け込み天日干ししたもので、いわゆる鯨の干し肉です。

千葉県民にはおなじみの一品で、焼鳥 おずでもたびたび食べていますが、お酒に合うんですよこれがw

尾羽の辛子酢味噌和え

尾羽の辛子酢味噌和え

尾羽(おば)は文字通り、尾の部分です。

プルプルとした食感で、さっぱりといただけました。

くじらの刺身盛り合わせ

くじらの刺身盛り合わせ

左から順にツチクジラの胸肉(漬け)、ニタリクジラの尾の身、ミンククジラの赤身と本皮、ハツ、さえずりです。

ツチクジラの胸肉(漬け)

ユッケのような生肉の食感が美味しいです。

柔らかく臭みも感じませんでした。

ニタリクジラの尾の身

背びれから尾までの背中の部分の肉で、手に入れるのが困難な希少部位とのこと。

脂と赤身のバランスが良く、口の中でとろける馬刺しのような感じでした。

ミンククジラの赤身と本皮

赤身は柔らかくダイレクトな肉の旨味が楽しめました。

皮は噛みごたえがあり、脂の旨味が凄まじいですw

ハツ

プルプルだけどコリコリした食感が面白いです。

心臓なので多少血の味がしますが、嫌な感じではありませんでしたね。

さえずり

くじらの舌部分です。

先ほど食べたベーコンのような感じで、脂の旨味がありました。




ツチクジラのカツと竜田揚げ

ツチクジラのカツと竜田揚げ

カツはサクサク、竜田揚げはしっとりとした食感が楽しめます。

くじらの風味はあまり感じられなかったので、鯨肉と言われなかったら気づかないと思いましたw

くじらの寿司

くじらの寿司

左から赤身、さえずり、尾の身、本皮、漬けです。

全部お刺身でも食べているので、部位ごとの感想は省略します。

ツチクジラの南蛮漬け

ツチクジラの南蛮漬け

しっとりした食感で、さっぱりといただけます

鯨の旨味を感じられたので、揚げ物よりも高評価です。

ハリハリ鍋

ハリハリ鍋

鯨肉と水菜を使用したハリハリ鍋は、大阪の郷土料理なのだとか。

鯨から優しい出汁が出ていて、シメのうどんが最高でした。

ツチクジラの焼肉

ツチクジラの焼肉

メニューではツチクジラのステーキとなっていましたが、今回は焼肉での提供でした。

レバーのようなねっとりした食感で赤身の味がする面白い一品です。




その他 旬のもの

少し小休止して、飲んだお酒の紹介をしますw

日本酒の鯨の浜

鴨川の地酒があったので、冷酒でいただきました。

樽ハイレモン(550円)

樽ハイがあるのは個人的に嬉しい限りですw

前菜の小鉢

枝豆はおそらく朝採れで、豆の旨味が濃厚でした。

茹で落花生は千葉に来たら是非食べていただきたいメニューです。

ネバネバ系の小鉢が箸休めになりましたw

カツオのたたき

カツオのたたきは、たっぷりのミョウガが美味しかったです。

いかとサザエ

サザエのつぼ焼きは言わずもがなの美味しさ。

ボイルしたイカに大量の卵が入っていて、プチプチの食感を楽しめました。

マグロ漬け丼

マグロ漬け丼はワイルドな仕上がり。

寿司、うどん、漬け丼とご飯ものが多かったですが、ペロッといけるサイズでした。

デザートのスイカ

最後はデザートのスイカで口直し。

くじら料理以外のメニューも大満足でした。

くじらフルコース完食

大分苦しくなりながらも完食ですw




まとめ

くじらの色々な料理を食べられて大満足の夕食でした。

初めて食べる珍しい部位もあり、貴重な体験ができて良かったです。

かなりボリュームのあるコースなので、お昼は軽めにしておいた方が良さそうですね(笑)

今回、自分たちは県民割を利用できるじゃらんを利用して予約をしました。

こちらのページから宿の詳細の確認や予約が可能です。

朝食や宿の様子は、こちらからどうぞ。

【朝食と宿の様子をまとめて紹介!】四季の宿 民宿じんざ@南房総市【旅館レビュー】

更新時につぶやいているので、ツイッターのフォローを是非お願いします!

ごちそうさまでした。


下に関連記事があるので、こちらもよろしければどうぞ。




ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ  



コメントを残す