【冬季限定商品!】ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」を実食【カップ麺レビュー】

ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん





こんにちは、てっぱです。

今回はヤマダイから発売されているニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめんの紹介記事になります。

発売日は2022年11月14日で、今回で17回目の販売となる冬季限定商品です。

さっそく見ていきましょう。

パッケージ

冬の塩らーめんのパッケージ

青と白を使用して冬の寒空を連想させるパッケージです。

原材料

冬の塩らーめんの原材料名と内容量

かやくは白菜、ニラ、ゼラチン、でん粉でした。

ゼラチン、でん粉が入っているため、とろみがかったスープである予想ができます。

内容量

冬の塩らーめんの内容量

120gのうち、麺量は65gです。

カップヌードルと同じ麺の量でした。

栄養成分表示

冬の塩らーめんの栄養成分表示

エネルギー 367kcal

たんぱく質 8.7g
脂質 10.1g
炭水化物 60.4g

食塩相当量 7.3g(めん・かやく 1.6g、スープ 5.7g)

塩分量は結構高いので、スープは残したほうが良さそうですね。

調理

冬の塩らーめんの麺

麺はノンフライ麺を使用しています。

冬の塩らーめんの内容物

かやく、後入れ液体スープ、旨辛醤が入っていました。

麺についたオブラート状のもの

麺をよく見ると、透明な紙のようなものがくっついていますね。

冬の塩らーめんの注意書き

めんのほぐれを良くするための大豆由来の食物繊維と書かれており一安心ですw

冬の塩らーめんにかやくを入れたところ

かやくを入れて、お湯を注ぎます。

冬の塩らーめんにお湯を入れたところ

後入れ液体スープはフタの上で温めるようにしましょう。

お湯を入れて5分後

お湯を入れて5分経ちました。

後入れ液体スープを入れたところ

後入れ液体スープを入れて、よくかき混ぜたら完成です。




実食

冬の塩らーめんが完成

ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん

スープ

冬の塩らーめんのスープ

想像していたよりも油分が多く、豚骨塩ラーメンのようなまったりしたスープです。

キリッとした塩味のスープではなかったので、その点は個人的に残念でしたw

旨辛醤を入れていないせいか、なんとなく物足りない感じがしましたね。

冬の塩らーめんの麺

角張った麺はパッケージに書いてある通りの太麺でした。

凄麺特有のツルツルモチモチした食感が美味しいです。

具材

冬の塩らーめんの白菜

白菜はかなりのサイズで、存在感十分と言ったところですね。

シャキシャキとした歯ごたえと、甘さも感じられるサイズなのが良かったです。

アレンジ

冬の塩らーめんに旨辛醤を入れたところ

半分ほど食べたところで、旨辛醤を入れてみました。

旨辛醤を入れてかき混ぜたところ

色合いはそれほど辛そうに見えませんが、食べた後に口の中がヒリヒリする程度の辛さがありました。

数値化するとしたら、辛さレベル2〜3の間といったところでしょうか。

辛さだけでなく旨味も足され、スープが奥深い複合的な味に変わったので、旨辛醤は入れた方が良いですね。

まとめ

冬の塩らーめんを完食

完食です。

冬の塩らーめんのフタの裏ばなし

まろやかなスープ、唐辛子の辛味と豆板醤の旨味、大きめカットの白菜と、フタの裏ばなしにかいてある通りの印象でしたね(笑)

旨辛醤を入れると汗だくになるくらい暖まったので、冬にオススメできる商品です。

通販でも購入可能だったので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

ブログ更新時につぶやいているので、ツイッターのフォローを是非お願いします!

ごちそうさまでした。


下に関連記事があるので、こちらもよろしければどうぞ。




ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ  



コメントを残す