【2022年も発売】カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルを実食【カップ麺レビュー】

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル





こんにちは、てっぱです。

今回は日清食品から発売されているカップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルの紹介記事になります。

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルは2018年に発売されて以降、毎年リニューアルを重ねている商品です。

この記事では、2022年10月24日に発売されたものを実食してレビューしています。

パッケージ

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルのパッケージ

パッケージは白と青を基調として、牛乳と海をイメージしているようですね。

原材料

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルの原材料名と内容量

かやくはキャベツ、味付卵、いか、魚介練り製品、にんじん、ねぎです。

リニューアル前に入っていたフライドポテトは、2022年のシーフー道ヌードルには入っていませんでした。

内容量

81gのうち、麺量は60gです。

シーフードヌードルと同じ麺の量でした。

栄養成分表示

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルの栄養成分表示

エネルギー 393kcal(めん・かやく 306kcal、スープ 87kcal)

たんぱく質 8.4g
脂質 19.0g
炭水化物 47.2g

食塩相当量 4.1g(めん・かやく 1.9g、スープ 2.2g)

他のカップヌードルシリーズと同じく、塩分量は低めに設定されています。

調理

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルの内容物

内容物はこんな感じでした。

粉末スープや液体スープなどは入っていないので、そのままお湯を注ぎましょう。

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルにお湯を入れたところ

3分経ったら完成です。




実食

お湯を入れて3分後のカップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル

具材

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルの具材

具材はシーフードヌードルとほぼ同じ内容なものの、量的には若干少ないような気がしました。

シーフードヌードルと比べて、特に魚介系の具材が少なくなっているように思います。

スープ

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルのスープ

北海道産の脱脂粉乳を使用しているため、シーフードヌードルよりもまったりとしたスープです。

旨味が溶け込んでいて、塩分がほとんど感じない危険な味でしたw

カップヌードル 北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードルの麺

カップヌードルおなじみのツルツルした麺です。

まとめ

完食です。

個人的には、ノーマルのシーフードヌードルの方がオススメですが、ちょっと気分を変えたい時には良いような気がしました。

アレンジとして黒胡椒(ブラックペッパー)をかけるのが美味しそうだったので、これから食べる方はぜひ試してみてくださいw

通販でも購入可能なので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

ブログ更新時につぶやいているので、ツイッターのフォローを是非お願いします!

ごちそうさまでした。


下に関連記事があるので、こちらもよろしければどうぞ。




ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ  



コメントを残す