【山の中にある上品な蕎麦屋】手造りそば 打墨庵 加瀬(うっつみあん かせ)@鴨川市【秘境メシ】

天せいろ(2450円)





店前の看板

こんにちは、てっぱです。

今回は、千倉温泉 千倉館に小旅行へ行った際に立ち寄った打墨庵 加瀬の紹介記事になります。

秘境と言える場所にあったので、秘境メシに興味がある方は最後まで見ていってくださいね。

それでは、見ていきましょう。




店舗情報

店舗外観

アクセス

所在地:千葉県鴨川市打墨2329−1

最寄り駅の安房鴨川駅からは、徒歩で1時間30分ほどかかる距離です。

店から見た風景

電波も入らない山の中にありましたw

駐車場

店前の駐車場

店前に数台駐められるスペースがあります。

営業時間・定休日

営業は11:30~16:00昼営業のみです。

売り切れ次第閉店なので、早めに訪問した方が確実ですね。

月曜日、隔週で日曜日がお休みです。




店の様子

柏にある蕎麦の名店「竹やぶ」で修行した店主が、鴨川の地に開いた蕎麦屋です。

地名の打墨から名前を取ったようですが、地名の呼び方は打墨(うつつみ)なので、間違えて覚えないようにしましょうw

店の庭

古民家を改装したお店は、ちょっとした庭園のような感じです。

外の喫煙スペース

喫煙所が店の脇に用意されていました。

店内へ入ります。




入ると順番待ちの用紙があるので、確認しておきましょう。

1組待っていましたが、10分も待たずに案内されました。

個室での食事

運が良かったのか、個室の席への案内ですw

メニュー

限定メニュー

夏季限定メニューがありました。

メニュー

メニュー

おつまみメニューも豊富にあります。

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

冷たい蕎麦か温かい蕎麦を選べます。

平日の13:00頃に訪問しましたが、あらびき太切りそばは売り切れでした。

メニュー

うどんのメニューもありました。




デザートメニュー

デザートのメニューは4種類あります。

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニューはアルコールが豊富でした。

少し良いお値段だと思いましたが、天せいろ(2450円)そばがき(1100円)を注文。

相方の運転だったため、琥珀エビス(550円)もお願いしました。




実食

琥珀エビス(550円)

琥珀エビス(550円)

乾杯です。

お通しの揚げ蕎麦

お通しは揚げ蕎麦でした。

上品な甘さのお菓子のような風味が美味しいです。

ウーロン茶(220円)

ウーロン茶(220円)

オシャレな容器に入っていました。

飲んでいると、そばがきから到着です。

そばがき(1100円)

そばがき(1100円)

そばがきの薬味

薬味はネギとわさびです。

タレを付けていただきます。

そばがき

そばがきは初めて食べたのですが、柔らかいお餅のような食感ですね。

後味に蕎麦の甘味と風味をわずかに感じられました。

出汁の良くきいたタレが美味しいです。

蕎麦焼酎のハイボール(660円)

蕎麦焼酎のハイボール(660円)

ここらで燃料を追加しますw

そばがきが来てから15分ほどで、お待ちかねの天せいろが到着しました。




天せいろ(2450円)

天せいろ(2450円)

天せいろの薬味

薬味はネギ、大根おろし、わさびでした。

天せいろの蕎麦

まずは、お蕎麦からいただきます。

冷たいお蕎麦なんですが、蕎麦つゆは温かかったです。

キリッとした出汁の味が感じられるものの、温かいからか優しい印象の蕎麦つゆです。

天せいろの蕎麦

食感はツルツルと素直なタイプにも関わらず、しっかりとコシがあるお蕎麦です。

蕎麦の系統は違いますが、歯ごたえが良い感じはおゆみ野のわび介の蕎麦と似ていましたね。

天せいろの海老かき揚げ

天ぷらは海老のかき揚げとしし唐でした。

天せいろの海老かき揚げ

ひっくり返すとオイリーですが、全然くどくは感じませんでしたね。

米油のようなコクと風味が美味しいかき揚げでした。

かき揚げの海老

かき揚げには、このサイズの大ぶりな海老が4尾入っていました。

蕎麦湯

蕎麦湯も可愛い容器での提供です。

蕎麦湯

わずかにとろみがあるタイプかと思いましたが、底にかなり沈殿がありました。

蕎麦つゆで割って飲むと、なんとも言えない幸せな気持ちになります。

天せいろ完食

腹八分目で完食です。




トマトとモロヘイヤの冷やかけそば(1400円)

トマトとモロヘイヤの冷やかけそば(1400円)

トマトとモロヘイヤの冷やかけそば

夏季限定メニューから相方が頼んだので、少しいただきました。

先ほどの天せいろと異なり、つゆも冷たい状態での提供です。

鰹節の風味が、温かいつゆよりも強く感じられましたね。

また、コシが天せいろの蕎麦以上の弾力で驚きました。

ドライトマトだったのか、トマトの甘味と旨味が強かったのも印象的でした。




まとめ

お土産の揚げ蕎麦

お土産に揚げ蕎麦も売っていましたが、5000円近いランチになってしまったので断念しましたw

少しお高いとは思いますが、美味しいお蕎麦が食べられたので満足です。

店員さんの接客も人間味がある感じで、間違いなくオススメできるお店ですね。

ごちそうさまでした。


千葉県の秘境メシのお店をまとめた記事を作りました。

【知らないと辿りつけない場所のグルメ】千葉県にある秘境メシのお店をまとめてみた【実食の記事あり】

下に関連記事があるので、こちらもよろしければどうぞ。




ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ  



コメントを残す