【木更津市】雲南省の料理「汽鍋鶏(チーコージー)」をいただけるお店【仙 米麺(センミーシエン)】

汽鍋鶏(1500円)





こんにちは、てっぱです。

今回は木更津市東太田に去年10月オープンした中国料理の店、仙 米麺(センミーシエン)の紹介記事になります。

予約限定で提供している中国雲南省の料理「汽鍋鶏(チーコージー)」を実食してきたので、よろしければ最後までご覧ください。

店舗情報は以前のページをご覧ください。

【漢方を使った麺料理の過橋米麺を実食!】仙 米麺(センミーシエン)@木更津市【メニュー紹介】

さっそく見ていきましょう。




以前からの変更点

駐車場の説明書き

駐車場は店前に3台のみでしたが、満車の場合は日本料理 たかはしの駐車場も使用できるようになりました。

駐車場の看板

看板があるので分かりやすいです。

たかはしの駐車場

駐車場は広々していて駐めやすい印象でした。

メニュー

メニューも以前と少し変わっていましたね。

トッピングメニュー

トッピングメニューが新しく作ってありました。

伺った時は暫定版でしたが、現在はトッピングメニューも完成しているとのことです。

メニュー

お目当ての汽鍋鶏(1500円)をいただくことにします。




実食

生中(500円)

まずは生中(500円)から(笑)

お通し

お通しは鶏を和えたもので以前と変わらずでしたが、見た目が美しくなっていましたね。

予約をしていたため、汽鍋鶏(チーコージー)はすぐ到着しました。

汽鍋鶏(チーコージー)

汽鍋鶏(チーコージー)が到着

汽鍋鶏(1500円)

汽鍋鶏(1500円)

汽鍋という特殊な鍋を使用しており、水を一切入れずに作る料理とのことです。

沸騰したお湯に汽鍋を置くことで、真ん中にある空洞から蒸気が入りスープが溜まると教えていただきました。

鍋なのに蒸し料理?、蒸し料理なのにスープ?と、聞いた時は頭が混乱してましたね(笑)

汽鍋鶏(チーコージー)を取り分けたところ

具材は丸鶏、生姜、棗(ナツメ)、クコの実、蓮の実、冬虫夏草の花、甘草を使用しており、味付けは塩のみとのことでした。

滋味深いスープがなんとも美味しいです。

後味に漢方チックな独特な風味がありますが、薬膳料理として考えればクセがなく食べやすい感じでしたね。

2人で分けて食べると少し物足りなかったので、米麺も追加で注文しました。




米麺(ミーシエン)

鶏肉米麺大盛り(1000円)

鶏肉米麺の大盛り(1000円)を注文しました。

鶏肉米麺の具材

鶏チャーシュー、きくらげ、パクチー、ピーナッツ、小松菜、ネギ、クコの実と豊富な具材が嬉しいです。

0〜3で選べる辛さを今回は2にしてみましたが、口の回りがヒリヒリするくらいの辛さでしたw

旨辛と言える辛さだったので、辛いものが好きな人にはオススメです。

肉味噌米麺の麺

相方は肉味噌米麺(900円)を注文し、麺を丸麺に変更していました。

ノーマルの幅広い米麺だとボソッとした食感ですが、丸麺はツルツルモチモチした食感で美味しかったです。

また、肉味噌米麺の方が鶏肉米麺よりもコクがある感じでしたね。




まとめ

中国雲南省の伝統料理である気鍋鶏(チーコージー)は、薬膳料理のような印象でした。

食べて帰ると血行が良くなったのか体がポカポカしていたので、寒い時期にぴったりの料理だと思いますね。

予約限定の料理なので、気になった方はお店へ電話してから伺うようにしましょう。

電話番号は070-8405-9059です。

次回は、肉味噌米麺の大盛りを丸麺に変更していただこうと思います。

ブログ更新時につぶやいているので、ツイッターのフォローを是非お願いします!

ごちそうさまでした。


オープンまでの情報をまとめた記事はこちら

【新店情報】木更津市東太田に中国の麺料理のお店「仙 米麺(セン ミーシエン)」がオープン!

過橋米麺を実食した際の記事はこちら

【漢方を使った麺料理の過橋米麺を実食!】仙 米麺(センミーシエン)@木更津市【メニュー紹介】

下に関連記事があるので、こちらもよろしければどうぞ。




ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ  



コメントを残す