【バランスの良い鶏白湯ラーメン】中華そば 頬白(ほおじろ)@長生村

鶏白湯そば大盛り(690円+80円)





国道128号線、「八積駅入口」の交差点近くにあるお店です。

茂原方面から来る場合は、すき家らーめん 五衛門の先にあります。

八積駅からは徒歩20分ほどの距離です。




店前の看板

車からでも目立つ看板です。

店舗外観

駐車スペースは、店の前に8台ほどあります。

店内はカウンター8席、テーブル席3つ、小上がり2つと、お一人様から家族連れまで優しい設計になっていました。

メニュー

メニューを見ると、鶏白湯そば、鶏中華そば、白湯タンメンの3本柱に、担々麺とつけ麺もあるという感じでしょうか。

説明書き

各々のラーメンの説明書きも、メニューと一緒に置いてあります。

メニュー

期間限定ものもやっています。

頬黒メニュー

また、毎週金曜日は頬黒に名前を変え、裏メニューで営業しています。

この日は水曜日だったので、通常メニューでの営業です。

無難に、鶏白湯そば(690円)大盛り(80円)にしました。

チャーシューを低温調理焼豚と炙り焼豚から選べるとのこと。

自分はしっとりしたチャーシューが食べたかったので、低温調理焼豚にしました。

店内が空いていたのもありましたが、到着まで3~4分とは驚きです。




鶏白湯そば大盛り(770円)

具は、海苔、キクラゲ、かいわれ、ネギと、ありそうでない組み合わせ。

鶏白湯のスープは、茂原の大葉よりはドロドロで、京成大久保のひろしよりはサラサラな感じです。

魚介スープの主張があるためか、鶏感が強い鶏白湯ラーメンという感じではありません

それでも鶏の風味も生きていて、塩気はやや強いものの飲んでも美味しいスープになっています。

具材アップ

チャーシューは、選んだ低温調理焼豚と鶏チャーシューの2種類が乗っていました。

鶏チャーシューをお店で食べるのは、成田の鶏の骨で食べて以来かも。

チャーシューの味自体は薄味で、あまり主張しない感じでした。

なんだかんだ、赤身と脂身のバランスの良い肩ロースチャーシューが、一番美味しいと自分は思います。

麺アップ

麺は細麺でした。

サクサクと噛み応えが感じられるので、食べてて楽しいです。

総合的に見て、満足する部類のラーメンでした。

メニューも豊富にあるので、何度も通うことになりそうです。

ごちそうさまでした。


2021/9/26 追記

現在は中華そば 頬白(ほおじろ)から中華そば専門店 ほおじろに店名が変わっており、メニューも変更されているようです。




コメントを残す