【囲炉裏端で食べる贅沢な朝食】いろりの宿 七里川温泉@君津市【2日目】

鮎の干物と手作りソーセージ


この記事では、2日目の様子をお風呂、朝食、まとめの順に書いていきます。

1日目の部屋や夕食の内容は、【囲炉裏で焼いて食べる食事が絶品!】いろりの宿 七里川温泉@君津市【1日目】に書いてあるので、まだ見ていない方はこちらも見ていただけると嬉しいです。

それでは、お風呂から見ていきましょう!




・お風呂

日をまたいで男女入れ替えになるシステムなので、宿泊して2日入ると全部のお風呂が楽しめます。

6時過ぎに起きてお風呂に向かうと、他に泊まっていた方が出てきました。

この日は他に1組しか泊まっていなかったようなので、お風呂は貸し切り状態に。

というわけで、お風呂をパシャリ。

内湯

露天風呂

露天風呂

露天風呂

自分が2日目に入ったお風呂は、内湯1つと露天風呂1つでした。

昨日のお風呂は、内湯1つと露天風呂2つだったので、少し広めの造りです。

朝入る露天風呂は、景色も良く、のんびり入れて最高でした。

お湯は、源泉かけ流しの硫黄泉

硫黄特有の卵が腐ったような感じではなく、ほんのりと匂いが感じられる程度です。

また、硫黄泉の効能なのか、身体の芯から温まる印象を受けました。

夜寝る時まで温かくて、布団をかけると汗ばんでしまうほどでしたw

次の日も、少し動くと汗ばんできたくらいなので、冷え性の方には良さそうな温泉だと思いました。




・朝食

お風呂でゆったりした後は、8:30から朝食です。

昨日の夕食と同じ囲炉裏に案内されました。

朝食時のネコ

昨日とは違うネコちゃんが、お出迎えですw

鮎の干物と手作りソーセージ

メインとなる焼き物は、鮎の干物と手作りソーセージでした。

焼いている間に、他の料理をいただきます。

大盛りのサラダ

大盛りのサラダ

朝から盛りが良いですw

みずみずしく美味しいので、ペロッと食べられます。

なめこおろし

なめこおろし

朝に嬉しいメニュー。

冷奴とお漬物

冷奴とお漬物

朝に嬉しいメニューその2。

昨日の夕食もそうでしたが、漬け物が全部美味しいです。

ご飯としじみの味噌汁

ご飯としじみの味噌汁

日本人に生まれて良かったと思える瞬間です。

今日は、良い出汁の出ているしじみの味噌汁でした。

焼き物でご飯を食べ進めていきます。

手作りソーセージは、ジューシーながらもしつこくない感じで、ご飯が進みます。

鮎の干物は初めていただきましたが、普通に鮎を焼くよりも美味しいかも。

頭まで、丸ごと食べちゃいましたw

黒豆納豆と永光卵の生卵

黒豆納豆と永光卵の生卵

卵は、君津市にある光永ファームの永光卵を使っているとのこと。

黒豆納豆もこだわりがあるようですが、詳細は忘れてしまいましたw

1杯目は納豆ご飯、2杯目は卵かけご飯で、いずれも美味しくいただけました。

デザートの柿とりんご

デザートの柿とりんご

自分が好きな、少し固めの柿で良かったです。

ごちそうさまでした。




・まとめ

1泊2日で1人12000円、飲み物などを入れて、2人で計28000円くらいでした。

全体的に見ると、非常に満足できる宿となりました。

料理とお風呂を重視する方であれば、間違いなく満足できると思います。

従業員の方々も気さくな感じの方が多かったので、接客面でも好印象でした。

特に、社長さんとは色んなお話が出来て楽しかったです。

時代は変わっても、変えてはいけないものがある

そんな何かに、気付かされたような気がします。

追加メニュー

日帰り入浴は1150円と少し割高ですが、囲炉裏での食事を楽しむことも出来ます

また、+500円を支払えば、持ち込んだ食材を焼くことも可能です。

朝食とお風呂のセットが2500円夕食とお風呂のセットが4000円と、リーズナブルなセットもあります。

いずれも、お酒の持ち込みは禁止されているので、気をつけましょう。

夕食とお風呂のセットは、かなりコスパが良いと思うのでオススメです。

七里川温泉の公式HPは、こちらからどうぞ。


1日目はこちら
【囲炉裏で焼いて食べる食事が絶品!】いろりの宿 七里川温泉@君津市【1日目】




コメントを残す