テコテコ(TECOTECO)@成田

DSC04547.JPG
シュラスコテコテコ

成田駅東口より、寅屋 JR店麺や福一(鶏の骨)のある路地を真っ直ぐ行きます。

さわらやが、道路を挟んだ真向かいにあります。

成田駅、京成成田駅からは、徒歩10分くらいで着きます。

ブラジル料理のお店です。

中に入ると8割方のテーブルは埋まっており、そのほとんどは外国人のお客さんでした。

3年ほど前に行ったヨーロッパ旅行で、レストランに入った時と同じ感覚です(笑)

まずは、おつまみ的なものから。




DSC04542.JPG

パステウ

パイ包み揚げのようなもので、中身がひき肉、チキン、チーズの3種類です。

甘みのある生地と中の具材が絡まって、お酒によく合います。

DSC04541.JPG

カイピリーニャ

ブラジルではポピュラーな飲み物らしく、相方が注文。

一口もらうと、ベースのお酒からテキーラのような独特な味がします。

調べてみると、さとうきびが原料のカシャッサという蒸留酒がベースとのこと。

ライムと砂糖で飲みやすくしており、ブラジル料理との相性は良さそう。

DSC04547.JPG

シュラスコテコテコ

代々木公園のブラジルフェスで、シュラスコのサンドを食べたのですが、そのお肉がとても美味しかったんですよね。

シュラスコが目当てで、このお店に辿りついたと言っても過言ではありません。

DSC04548.JPG

牛肉がメインで、ソーセージ、豚肉と色々な肉の味が楽しめます。

素材の味で勝負するタイプで、味付けはシンプルです。

卓上のコショウとピクルスのような酸味のきいたソースで、味の変化をつけていただきました。

付け合わせは、ライス、長芋と里芋をあげたようなフライでした。

ジャガイモとは、それぞれ食感が違い面白かったです。

DSC04551.JPG

フェジョンと呼ばれる豆のスープも付いてきました。

ブラジルの国民食で、日本で言うと味噌汁のようなイメージらしい。

味や食感を例えるなら、おしるこに砂糖を入れ忘れたような感じでした(笑)

DSC04550.JPG

パルメジアーナ ジ フランゴ

鶏肉のカツレツに、チーズとトマトソースをかけたものです。

これは見た目通りの美味しさでした。

付け合わせは、いわゆる普通のポテトとライス。

ライスとソースをからめて食べると、リゾットを食べているかのようで、至福の時を味わえました。

自分は、生ビール1杯と赤ワインのグラスを2杯飲み、お会計は7000円弱でした。

メイン料理が大きいので、帰りにラーメン屋に寄りたい邪念が起きないくらい、お腹いっぱいになりました(笑)

ブラジルに小旅行したような気持ちで帰宅。

美味しい赤身のお肉が食べたくなったら、また行きたいですね。

ごちそうさまでした。




コメントを残す