【酒粕を練り込んだ麺】らーめんかなめ@酒々井町【京成酒々井駅近く】【閉店】

DSC04462.JPG
かなめらーめん(700円)





京成酒々井駅から、ほど近い場所にあります。

駐車場は5台あるみたいですが、細い路地を入らないといけないため、徒歩で行くことにしました。

JR酒々井駅からも徒歩圏内なので、電車を利用できる方は電車の方が良いように思われます。




開店と同時にアタックしたため、先客は誰もいませんでしたが、ラーメンが到着する頃には6席あるカウンターが埋まるほどでした。

外は台風18号の影響で大雨だと言うのに、凄いですね。

人気店は客足が天候に左右されない、ということを確認出来ました。

肝心のラーメンですが、スタンダードなかなめらーめん(700円)にしました。

およそ、5分ほどで到着!




DSC04462.JPG

上品な見た目のラーメンです。

澄んだ醤油スープは、ご主人の人柄を表しているかのようでした。

チャーシューは美味しいですが、薄いので食べた感じがしませんでしたね。

欲を言えばもう一枚食べたかったです。

最近は胃袋が縮んだのか、かなめらーめん一杯でも良いかな、という感じでしたが、せっかくの機会なので酒粕麺の替え玉(200円)もいただきました。




DSC04464.JPG

「タレがかかってるから、まずはそのまま食べてみて」と、おばちゃんに促されるままに一口。

自分は酒粕っぽい匂いや風味は、特に感じられませんでした。

相方は匂いに敏感なのか、少し酒粕の匂いがしたと言っていました。

かなめ麺との違いは、酒粕麺の方が若干プリプリした食感が感じられるくらいでした。

おばちゃんも「粉が違うから食べてみて」と言っていたので、微妙に違うのでしょう。

スープに入れ、スルスルっと完食!

非常にハイレベルなラーメンでしたが、自分は好みではないかな~といった印象。

個人的にラーメンを食べた後は、もう少し罪悪感が欲しいところ。

いずれにせよ、老若男女万人受けする味だと思うので、あっさりなラーメンが好きな方は一度食べてみてください。

ごちそうさまでした。


2021/10/30 追記

2017年10月末に閉店しています。




2 Replies to “【酒粕を練り込んだ麺】らーめんかなめ@酒々井町【京成酒々井駅近く】【閉店】”

  1. コメントありがとうございます。
    地元愛の感じられる美味しい一杯でした。
    店員さんとのやり取りも味があって良かったです。

コメントを残す