ばんから@船橋

DSC02846.JPG
ちょうちん(200円)

JR船橋駅より、京成船橋駅に向かう道を真っ直ぐ歩いていき、「本町1丁目」の交差点を過ぎた先にあります。

海老そば まるはもこの近く。

京成船橋駅からは徒歩5分ほど、船橋駅からは徒歩7分ほどの距離です。

店前にメニューボードが出ているので、見落とす心配はなさそうです。

一度ふられた経験があるので、今回は予約をしていきましたが、やはり大半のお客さんが予約でした。

土曜日なんかは飛び入りで入れることはまずないお店、と考えて良さそうです。




DSC02840.JPG

お通し(350円)

焼き鳥屋とは思えない、オシャレなお通しです。

DSC02842.JPG

DSC02843.JPG

胸肉と梅のサッパリサラダ(680円)

梅ソースをかけていただきます。

疲れた体に、酸っぱいものはありがたいですね。

DSC02841.JPG

鶏皮ポン酢(480円)

皮は非常に弾力があります。

臭みのない鶏の油が、甘くて美味しい。

鶏皮が嫌いでなければ、絶対に頼むべき一品です!

必然的に、焼き鳥への期待も高まります。

以下、焼き鳥です。

タレか塩か聞かれることはなく、お店のおまかせで味は決めてくれました

DSC02846.JPG

ちょうちん(200円)

卵黄と卵管です。

殻に包まれる前の卵黄は、写真通りの濃厚な味でした。

DSC02847.JPG

とさか(160円)

コリコリしていて面白い食感でした。

DSC02848.JPG

かしわ(180円)

いわゆるもも肉です。

弾力があって、旨味もあります。

プリプリとしたもも肉の方が、自分は好みかも。

DSC02850.JPG

肝(180円)

柔らかく濃厚なレバーで、個人的に好きな感じです。

DSC02851.JPG

手羽先(300円)

他の部位と比べて少しお高めですが、肉を食べてる気になる一品。

DSC02853.JPG

ふりそで(180円)

手羽元と胸肉の中間部分です。

プリプリかつジューシーな感じで、今日一番の美味しさでした。

DSC02855.JPG

つくね(200円)

焦げがほんのりついていて、香ばしいタイプのつくねです。

DSC02856.JPG

金針菜(230円)

いわゆる、甘草(カンゾウ)の蕾です。

クセがなく、えんどう豆を食べてるような感じでした。

DSC02858.JPG

鳥骨らーめん(680円)

気になったので、シメに注文しました。

塩ベースのさっぱりとしたスープです。

麺の量はかなり少なめなので、満腹でなければ食べられる量だと思います。

自分は、ハシゴしてラーメン屋でシメても良かったかな~、といった感じでした(笑)

そんなこんなで、お酒はビール、日本酒、梅酒なんかを計六杯飲んで、お会計は1人5500円でした。

満足度は結構高かったので、また利用したいと思います!

ごちそうさまでした。




コメントを残す